直ぐに利用できる!

カメラ(当社よりレンタル)を分析したい場所(入口、陳列棚など)に設置するだけ。お客様側で新たにカメラや機材の準備は不要で、施工の手間もありません。

お店の混雑状況がわかる!

動画データのAI分析により人物を検出。取得した人の座標位置を用いて人の分布や流動を時間・曜日別にグラフ化するなど ”可視化” することで、お店の混雑状況などを直感的に把握できます。

収益アップにつながる!

来店促進・販売促進につながる次の一手を打つため、繁忙期や閑散時間帯に適した人員シフトをつくるため、AI分析データを活用して店舗の売上アップや最適化を図ります。

思い当たることはありませんか?

商業施設の事業者、飲食店・物販店など店舗経営者、工場・倉庫の管理者
の皆さまへ

  • 来店されたお客様がどういった行動(座る場所、歩く動線、滞留時間など)をしているのか、把握できていない
  • 集客の新たな施策を検討しているが、参考になる有益な定量データがない
  • コロナ禍において、自店の空席・混雑状況をお客様へお知らせが出来ていない
  • フードロス食品ロス削減の対策を検討している
  • 動画解析サービスを既に調査・検討しているが、PCやカメラなど専用機材の初期コストが高く、導入していない
  • コンサルタントを介さず、自身でデータに基づいた集客施策や店舗・施設の最適化を図りたい
  • 工場倉庫において、作業者の動線を把握し業務の効率化や事故防止の対策を実施したい

AI分析データ サンプル紹介

提供する分析データのサンプルや活用シーンについて説明します。

動画データを元に人の頭を検知
▲動画データを元に人の頭部を検知


撮影された動画データをAI分析にかけることで、対象(人物)の数をカウントすることができます。顔の正面が映っていなくても検知が可能です。

店舗内にいる来店者数をAI分析によりカウントすることで、店舗の混雑状況を把握したり、来店していない見込み客へのアナウンスにも役立ちます。

また、AIに学習させる対象データの種類を替えて検知する対象や分析目的を変えることもできます。例えば、車などの対象をカウントすることも可能となります。



人の姿をピクト画像に置き換え
▲人の姿をピクト画像に置き換え


AI分析により検知した人物をピクト画像に置換することができます。

人の姿をピクト画像に置き換えることで、撮影された動画に映る人のプライバシーを保護することが可能となり、店舗の混雑状況を視覚的に把握するツールとして、例えば自社のWebサイトへ組み込んで表示させることが可能となります。(※サイトへの組み込みは、iframeタグを使用した埋め込み方法などがあります)

また、人の姿をピクト画像に置換する手法により、録画された動画データではなくライブ動画を用いて、店舗の混雑状況をWebサイトやSNSで ”リアルタイム表示” して来店前のお客様に有益な情報を提供することができます。(※こちらは別途オプションサービスとなります。)



人の分布や流動を可視化したヒートマップ
▲人の分布や流動を可視化したヒートマップ


動画データのAI分析により、人物の検出や人数のカウントだけでなく、ある空間における人の分布や流動の様子をヒートマップにして可視化することができます。(※こちらは別途オプションサービスとなります。)

人の分布から「人が集まる場所(=密集エリア)」や「人が集まらない場所(=閑散エリア)」を特定することにより、例えば座席や販売什器の位置など店舗のレイアウトをデータに基づいて再検討することができます。来店者の動線設計をオーナー自身で取り組んだり、分析データを元に店舗設計者やコンサルタントへ具体的な改善指示を出すことも可能です。

また、動画に枠を設けて人数をカウントすることで、特定するエリア内(人気エリアや特設ブース等)での混雑度を把握することも可能です。

店舗や施設の混雑状況をグラフで可視化
▲店舗や施設の混雑状況をグラフで可視化


動画データをAI分析にかけることで、さまざまなデータを取得することができます。
また、分析したデータは時間や曜日ごとにグラフ化することで、より視覚的に分かりやすく把握することができます。

例えば、繁忙期や閑散期を見出して、店舗や施設のピークタイムを予測しスタッフの配置やシフト表の見直しをしたり、適切なタイミングでタイムセールや特売日を設定するなど、AI分析データを活用して店舗の売上アップや最適化を図ります。




AI分析の結果レポートを基に、
リーズナブルに仮説検証が行えます。

VIDEO-AI-ANALYSISは、店舗入口、店内導線、商品陳列棚、
あるいは工場内の作業場所などにカメラ(当社よりレンタル)を設置。
その撮影動画をAI分析し、お客様の曜日や時間帯ごとの来店状況や
店内のある導線上の流入状況、あるいは特定の陳列棚の前の滞留時間、
などPOSデータでは得られない情報を数値化、グラフ化してご提供します。
カメラ設備やAIシステムの設備導入は必要なし! 
AI分析の結果レポートを基に、リーズナブルに仮説検証が行えます。
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP
MENU